おたくの本懐 : 「集める」ことの叡智と冒険

長山靖生 著

蒐集癖こそが、おたくの重要な特質である。じつは、日本の近・現代に燦然と輝くコレクターたちは、いずれ劣らぬ、元祖おたくなのであった。柳田国男、南方熊楠から、澁澤龍彦まで、博覧強記の学者や一つ分野を極めたコレクターなど、後の文化に大きく貢献した彼らこそ、おたくの理想像と言える。そうした人物の源流をさぐる異色文化論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プレ・プロローグ その頃、なぜ私はおたくを弁護しなければならなかったのか
  • プロローグ なぜ量は叡智であるのか
  • 第1章 コレクターシップとは何か
  • 第2章 コレクションは主張する
  • 第3章 コレクター・ロマンス
  • 第4章 苦悩するコレクターたち
  • 第5章 考えるコレクション
  • 第6章 コレクションと幸福
  • 補章 コレクターはどうして書き手にもなったのか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 おたくの本懐 : 「集める」ことの叡智と冒険
著作者等 長山 靖生
書名ヨミ オタク ノ ホンカイ : アツメル コト ノ エイチ ト ボウケン
書名別名 コレクターシップ

Otaku no honkai
シリーズ名 ちくま文庫
出版元 筑摩書房
刊行年月 2005.1
ページ数 271p
大きさ 15cm
ISBN 4480420479
NCID BA70496651
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20739820
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想