欧州通貨統合のゆくえ : ユーロは生き残れるか

坂田豊光 著

一九九九年一月に誕生したユーロは、EU十二か国、三億人あまりが使用する巨大な通貨である。導入当初はドルや円に対抗できる通貨の誕生として大きな期待がかけられ、歴史に残る壮大な試みと賞賛されたが、近年のEU経済は低迷し、通貨統合のメリットはあらわれていない。ユーロはドルの対抗軸となりうるのか。二五か国体制になった拡大EUはどこへ向かうのか。そして日本への影響は。EUとユーロの今後を展望する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 ユーロ導入がもたらした課題
  • 第1章 欧州通貨統合の歩み
  • 第2章 ユーロ域経済の動向
  • 第3章 ユーロとマクロ経済政策
  • 第4章 EUの拡大とユーロ域
  • 第5章 ユーロとユーロ域の展望
  • 終章 拡大EUと日本

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 欧州通貨統合のゆくえ : ユーロは生き残れるか
著作者等 坂田 豊光
書名ヨミ オウシュウ ツウカ トウゴウ ノ ユクエ : ユーロ ワ イキノコレルカ
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論新社
刊行年月 2005.1
ページ数 198p
大きさ 18cm
ISBN 4121017803
NCID BA70494179
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20755346
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想