皇帝ユスティニアヌス

ピエール・マラヴァル 著 ; 大月康弘 訳

「帝国」の再興に心をくだいた、六世紀の偉大な皇帝-ユスティニアヌスは、世界の新たな統合原理となるキリスト教の教義論争に介入し、イデオロギーの統一にも情熱を注いだ。本書は、当時の政治・経済の枠組を解説しながら、ユスティニアヌス帝の法制・行政改革や宗教政策など、多彩な事績の全貌を示す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 統治の枠組み
  • 第2章 帝国統治の役者たち
  • 第3章 法と秩序
  • 第4章 再征服戦争
  • 第5章 防衛戦争
  • 第6章 社会経済上の諸問題
  • 第7章 宗教政策

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 皇帝ユスティニアヌス
著作者等 Maraval, Pierre
大月 康弘
マラヴァル ピエール
書名ヨミ コウテイ ユスティニアヌス
書名別名 L'empereur Justinien
シリーズ名 文庫クセジュ
出版元 白水社
刊行年月 2005.2
ページ数 182, 5p
大きさ 18cm
ISBN 4560508836
NCID BA70488336
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20737046
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想