法史学者の課題

河上倫逸 編

法の理論と制度を歴史的に検証する「法史学」。斯界の泰斗ヘルムート・コーイングほかによる「法史学」のマニフェスト論文を集成し、ヨーロッパ法史研究の最前線を浮き彫りにする、法学を志す研究者・学生には必読の論集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 法史学者の課題
  • 法律学の科学化
  • サヴィニー「近世ヨーロッパ貴族法史への寄与」について
  • 選定侯団の成立-家族法・相続法的メルクマールによる「ドイツ国制史の根本問題」の解明
  • 一四〇〇年当時のヨーロッパにおける王位継承の諸原則-王統支配体制の実行の比較研究
  • 付論 形而上学なき自然法-世界法と地域共通法

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 法史学者の課題
著作者等 河上 倫逸
書名ヨミ ホウシガクシャ ノ カダイ
出版元 未來社
刊行年月 2004.12
ページ数 280p
大きさ 20cm
ISBN 4624301021
NCID BA70480414
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20726176
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
「付論」形而上学なき自然法 河上 倫逸
サヴィニー「近世ヨーロッパ貴族法史への寄与」について アルミン・ヴォルフ
一四〇〇年当時のヨーロッパにおける王位継承の諸原則 アルミン・ヴォルフ
法史学者の課題 ヘルムート・コーイング
法律学の科学化 ディーター・ジーモン
選定侯団の成立 アルミン・ヴォルフ
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想