寺田寅彦と現代 : 等身大の科学をもとめて

池内了 著

寺田寅彦は「二つの文化」、自然科学と文学という二つの領域において輝かしい業績を遺した。科学にあっては、ゆらぎやアポトーシスなど、複雑系の科学への流れを想定し、映画や連句においてはモンタージュ論によって芸術理論の革新を計った。本書は、科学における多くの先見の明、戦争や地震災害にたいする対応などから、多面的な人間=寅彦の全体像を初めて明らかにし、その遺産を近・現代科学史に位置づけた刺激的な労作である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「二十世紀の予言」と現代
  • 第2章 寺田寅彦が提唱した新しい科学
  • 第3章 技術と戦争を巡って
  • 第4章 科学・科学者・科学教育
  • 第5章 自然災害の科学
  • 第6章 科学と芸術
  • 第7章 寅彦と宇吉郎、そして現代

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 寺田寅彦と現代 : 等身大の科学をもとめて
著作者等 池内 了
書名ヨミ テラダ トラヒコ ト ゲンダイ : トウシンダイ ノ カガク オ モトメテ
出版元 みすず書房
刊行年月 2005.1
ページ数 258p
大きさ 20cm
ISBN 4622071266
NCID BA70456034
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20734796
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想