ことばとアイデンティティ : ことばの選択と使用を通して見る現代人の自分探し

小野原信善, 大原始子 編著

多文化・多言語社会において人々はどのようにして「ことば」を選択し使用しているのか。それは、人々にとってなにを意味するのか。フィリピン、インド、シンガポール、アメリカ、ニュージーランド、日本を例に、「ことば」の選択によるさまざまなアイデンティティ表出のあり様から現代人の「自分探し」を読み解く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 アイデンティティ試論-フィリピンの言語意識調査から
  • 2章 フィリピン多言語社会での言語とアイデンティティ-セブアノ多言語話者の事例から
  • 3章 インド人とはだれなのか?-言語とアイデンティティ
  • 4章 アイデンティティの多層性と言語の選択・切り替え-「集団」、「個」としてのシンガポール人
  • 5章 北アメリカ北西海岸先住民にみる言語とアイデンティティ
  • 6章 ニュージーランドにおけることばとアイデンティティ-言語の選択と使用を通してみる現代人の帰属意識
  • 7章 在住フィリピン人女性の新しい言語アイデンティティ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ことばとアイデンティティ : ことばの選択と使用を通して見る現代人の自分探し
著作者等 大原 始子
小野原 信善
書名ヨミ コトバ ト アイデンティティ : コトバ ノ センタク ト シヨウ オ トオシテ ミル ゲンダイジン ノ ジブン サガシ
出版元 三元社
刊行年月 2004.12
ページ数 205p
大きさ 19cm
ISBN 4883031454
NCID BA70411309
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20811293
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想