心のくすり箱

徳永進 著

「医者の処方する薬だけで病いが治る訳ではない。もう一つのお薬の働きが大きいのです」。自らの体の中の、自然の中の、日常の暮らしの中の"もう一つの薬"を患者とのふれあいに見出しつつ、悩み、喜び、思索する日々を、ベテラン内科医が飾らぬ言葉でつづります。収められた数々の人生ドラマが、心に温かくしみわたります。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ハマゴウの枕
  • ブナを抱く
  • 梅干しと番茶
  • 自転車
  • 世間話し
  • 分かちあう
  • Gさんの力
  • 足音
  • 思い出療法
  • ベッドサイド〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 心のくすり箱
著作者等 徳永 進
書名ヨミ ココロ ノ クスリバコ
書名別名 Kokoro no kusuribako
シリーズ名 岩波現代文庫 : 社会
出版元 岩波書店
刊行年月 2005.1
ページ数 252p
大きさ 15cm
ISBN 4006031068
NCID BA70403253
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20738230
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想