法人資本主義の構造 : 最新版

奥村宏 著

株式相互持合いによる企業同士の相互支配は、戦後日本の経済社会に独特の構造をもたらした。株式会社の原理に反する法人資本主義は、高度経済成長、石油ショックを経て、バブル経済で頂点に達するが、その後崩れはじめている。本書初版刊行から三〇年、今日の状況を盛り込んで株式会社論の立場から大幅に書き改めた決定版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 法人資本主義とは何か
  • 第1編 株式所有の法人化(戦前における所有構造
  • 財閥解体による分散
  • 第一次集中期(一九五〇年代前半) ほか)
  • 第2編 株式所有の構造(会社が会社の株式を所有する意味
  • 法人所有の構造
  • 株式相互持合い ほか)
  • 第3編 法人資本主義の矛盾(コーポレート・キャピタリズム
  • 矛盾の先進国、日本
  • 批判)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 法人資本主義の構造 : 最新版
著作者等 奥村 宏
書名ヨミ ホウジン シホン シュギ ノ コウゾウ : サイシンバン
シリーズ名 岩波現代文庫 : 学術
出版元 岩波書店
刊行年月 2005.1
版表示 最新版
ページ数 310p
大きさ 15cm
ISBN 400600138X
NCID BA70399054
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20738229
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想