ロイアル・ヨットの世界

小林則子 著

十七世紀英国のチャールズ二世が近代ヨットの始祖とされる、これまでの海事史に新視点を加え、クレオパトラの"快遊"から説き起こすユニークなロイアル・ヨットの歴史。その自由の気に満ちあふれる船上は、ときとして熾烈な外交の場でもあり、華麗な社交場でもあった。地中海の船、北海の船から、中国、日本の船にまで筆は及ぶ。ピョートル大帝、ヴィクトリア女王、隋の煬帝、豊臣秀吉、明治天皇からケネディ大統領、現代のビジネスタイクーン総登場。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 地中海の「遊び」の伝統から(クレオパトラ女王の「ロイアル・ヨット」
  • 船の威力で外交的勝利 ほか)
  • 第2章 地中海からオランダ、そして北の海へ(北方の海国オランダ、ロシアへ
  • 北海型と地中海型 ほか)
  • 第3章 東洋とロシアの「遊船」事情(ケタ外れ、中国の「龍船」の伝統
  • 古代日本の快遊船事情 ほか)
  • 第4章 海洋王国と近代ヨットの開花(ヴィクトリア女王の"パワー"
  • スチーム・フリート最盛期 ほか)
  • 第5章 現代の海のタイクーンたち(国際社交舞台としての王室専用船
  • スポーツ・ヨッティングの伝統 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ロイアル・ヨットの世界
著作者等 小林 則子
書名ヨミ ロイアル ヨット ノ セカイ
シリーズ名 文春新書
出版元 文藝春秋
刊行年月 2005.1
ページ数 229p
大きさ 18cm
ISBN 416660421X
NCID BA70378611
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20732748
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想