アンコール・ワット : 密林に眠っていた巨大遺跡

谷克二, 武田和秀 著

アンコール遺跡を克明に解説。川底から発見された驚異の遺跡クバルスピアン、密林に眠るベン・メリア遺跡も登場。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 アンコール・ワット
  • 第2章 アンコール・トム
  • 第3章 東西バライと周辺の遺跡
  • 第4章 バンテアイ・スレイとロリュオスの遺跡
  • 第5章 クバルスピアンと聖山クレーン
  • 第6章 ベン・メリア遺跡とスピアン・プラップトス
  • 第7章 旅の便利帳

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アンコール・ワット : 密林に眠っていた巨大遺跡
著作者等 武田 和秀
谷 克二
旅名人編集室
書名ヨミ アンコール ワット : ミツリン ニ ネムッテイタ キョダイ イセキ
シリーズ名 旅名人ブックス
出版元 日経BP : 日経BP出版センター
刊行年月 2004.11
版表示 第2版.
ページ数 237p
大きさ 21cm
ISBN 4861300576
NCID BA70362258
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20702514
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想