ドメスティック・バイオレンス : 援助とは何か援助者はどう考え行動すべきか

鈴木隆文, 麻鳥澄江 著

法律や医学の世界の専門知識、婚姻とは、男女愛とは、健全な家庭とは…といった社会常識や、これまで当たり前とされてきた指導やカウンセリングのあり方が、DV被害の当事者を苦しめることがある。当事者への援助で何が必要なのか、援助者は何に気をつけるべきかを考える一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 人はひとり分を生きる
  • 第1章 常識の転換
  • 第2章 ドメスティック・バイオレンスとは
  • 第3章 DVと子ども
  • 第4章 身近な人からの暴力をなくすには
  • 第5章 援助を考える
  • 第6章 DVと社会資源
  • 第7章 法的手段をとる

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ドメスティック・バイオレンス : 援助とは何か援助者はどう考え行動すべきか
著作者等 鈴木 隆文
麻鳥 澄江
書名ヨミ ドメスティック バイオレンス : エンジョ トワ ナニカ エンジョシャ ワ ドウ カンガエ コウドウスベキカ
出版元 教育史料出版会
刊行年月 2004.12
版表示 改訂版.
ページ数 343p
大きさ 21cm
ISBN 4876524556
NCID BA70281815
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20839381
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想