私の百人一首

白洲正子 著

ひさかたの光のどけき春の日にしずこころなく花の散るらむ-どこかで習い覚えた百人一首の歌。雅びな言葉の響きを味わい、古えの詠み人の心を辿ると、その想いが胸に届きます。一首一首の読みどころ、歌の背景、日本の和歌の歴史-白洲さんの案内で、愛蔵の元禄かるたの美しさを愛でつつ歌の心を知り、ものがたりを読み解くような面白さとほんものの風雅を楽しみましょう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 天智天皇-秋の田の
  • 持統天皇-春すぎて
  • 柿本人丸-あし引の
  • 山部赤人-田子の浦に
  • 猿丸大夫-おく山に
  • 中納言家持-かささぎの
  • 安倍仲麿-天の原
  • 喜撰法師-わが庵は
  • 小野小町-花のいろは
  • 蝉丸-これやこの〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 私の百人一首
著作者等 白洲 正子
書名ヨミ ワタクシ ノ ヒャクニン イッシュ
シリーズ名 百人一首
新潮文庫
出版元 新潮社
刊行年月 2005.1
ページ数 299p
大きさ 16cm
ISBN 4101379092
NCID BA70237019
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20720532
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想