神々の闘争折口信夫論

安藤礼二 著

『死者の書』にま新しい読みの可能性を開き、民俗学と一神教が火花を散らし結びあう瞬間を描き出す。グローバリズムとナショナリズムを突き抜ける現代(思想)の超克の試み。2002年度「群像」新人文学賞評論部門優秀作受賞。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 神々の闘争-ホカヒビト論
  • 第2章 未来にひらかれた言葉
  • 第3章 大東亜共栄圏におけるイスラーム型天皇制
  • 第4章 戴冠する預言者-ミコトモチ論
  • 第5章 内在と超越の一神教

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 神々の闘争折口信夫論
著作者等 安藤 礼二
書名ヨミ カミガミ ノ トウソウ オリクチ シノブ ロン
出版元 講談社
刊行年月 2004.12
ページ数 237p
大きさ 20cm
ISBN 4062126907
NCID BA70212448
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20724319
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想