現象学と二十一世紀の知

長滝祥司 編

認知、身体、他者、思想、社会、技術、様々な分野の知と交差する現象学的知のアリーナ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 認知・身体・他者(認識論の自然化と存在論の再構築-現象学と分析哲学
  • 身体の認知現象学・序説-現象学と第三世代認知科学
  • 知覚というシステム-現象学と知覚論
  • 他者の身体と心的帰属問題-現象学と素朴心理学
  • ロボットが/に心を感じるとき-現象学とロボティクス)
  • 2 思想・社会・技術(デリダ、ドゥルーズ、そしてメルモ=ポンティ-現象学と現代思想
  • 世界内存在と女性の身体をめぐって-現象学とフェミニズム
  • 説明と因果性をめぐって-現象学と社会科学の哲学
  • 物質を取り込む-現象学と技術の哲学)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 現象学と二十一世紀の知
著作者等 長滝 祥司
書名ヨミ ゲンショウガク ト ニジュウイッセイキ ノ チ
出版元 ナカニシヤ
刊行年月 2004.12
ページ数 251p
大きさ 20cm
ISBN 4888488991
NCID BA70182460
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20726227
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想