右と左のはなし : 自然界の基本構造

塚崎幹夫 著

左前、左膳、左封じ、左巻き、左遷…右が吉で、左は凶。左を卑しめ右の優位を誇る文化が世界の大勢とされる中、稀有なる左優位の文化社会が、『古事記』の世の日本には存在した-。右・左という意想外に深遠なその意味を徹底的に探究する、ユニークで興味尽きない文化学。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 「右」と「左」の日本史を辿る(日本を特異な国とする「神代尚左」説
  • 疑わしい九つの根拠
  • 右と左をめぐる諸民族の文化誌
  • 尚左神話の背景 ほか)
  • 第2部 宇宙学としての左右学-ロジェ・カイヨワの『反対称』を中心に(学際研究を超える「対角線の科学」の必要
  • すべての分野の対称を視野におさめる
  • 対称破壊と進化
  • 反対称的力の存在 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 右と左のはなし : 自然界の基本構造
著作者等 塚崎 幹夫
書名ヨミ ミギ ト ヒダリ ノ ハナシ : シゼンカイ ノ キホン コウゾウ
書名別名 Migi to hidari no hanashi
出版元 青土社
刊行年月 2005.1
ページ数 196p
大きさ 20cm
ISBN 4791761634
NCID BA70151332
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20847183
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想