兵士であること : 動員と従軍の精神史

鹿野政直 著

近代日本は、国家としての体裁をととのえた19世紀末以降、戦争の長い中断期をもつことがなかった。日清戦争、日露戦争、シベリア出兵、1937年の日中戦争の全面化、41年のアジア・太平洋戦争へと続く。動員された兵士は、自分の人生を中断されたという意味で被害者だった。が、武器をとる戦闘者であることにおいては、まぎれもなく加害者だった。兵士によって見きわめられた戦場とはどんなものであったか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 兵士であること-戦争論の現在
  • 「一兵」の覚悟-宮柊二の戦場詠序説
  • 取り憑いた兵営・戦場-柴田知明の戦後
  • 村の兵士たちの中国戦線-岩手県和賀郡藤根村・高橋峯次郎宛通信をおもな素材として
  • 戦場の医学
  • 戦死の美学と実学
  • 戦争未亡人
  • 戦争と国民-太平洋戦争の場合
  • 徴兵令
  • 戦争と民衆の遺産-八・一五に思う
  • おっとせいと天皇
  • 「軍隊」をえらぶまで
  • 脳裏の現代史-山口県史の窓
  • 原爆文学について-神奈川近代文学館「原爆文学展」をみて
  • 『ひめゆりの塔の記』を読む
  • 戦争の影-「生命」の時代に

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 兵士であること : 動員と従軍の精神史
著作者等 鹿野 政直
書名ヨミ ヘイシ デ アル コト : ドウイン ト ジュウグン ノ セイシンシ
書名別名 Heishi de aru koto
シリーズ名 朝日選書 768
出版元 朝日新聞社
刊行年月 2005.1
ページ数 312p
大きさ 19cm
ISBN 4022598689
NCID BA7014444X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20732518
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想