「企業価値」はこうして創られる : IR(インベスター・リレーションズ)入門

本多淳 著

投資家とのコミュニケーションによって会社の「価値」を理解してもらい、株価の成長と安定を図るIR。投資家の信頼を勝ち得、ブランド価値をつくりあげるには?良いニュースばかりではない経営情報を、誠実に、嘘をつかず、しかし前向きに発信するには?思わぬ事態に遭遇しても株価が急落しにくくなる取り組みとは?1971年、ニューヨークに上場した松下電器の窓口として駐在して以来、日本のIR第1線を歩いてきた「第1世代のIRマン」によるIR入門。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 IRと私(ニューヨーク上場とともに
  • IRの本場、米国へ赴任
  • 米国企業のIR第一印象
  • 経理担当役員五代に仕え、IRを体で覚える)
  • 第2部 IRの使命を考える(IRはなぜ必要か-改めて基本を記す
  • IRの仕事を分類すると
  • IRの現場
  • 高まるディスクロージャーのハードル、広がるIRの守備範囲
  • 米国企業と日本企業のIRの差)
  • 第3部 これからのIR(IR成功の要諦-基本を忠実に
  • 経営者に心掛けてほしいこと
  • 良きIRマンとは
  • アナリストのみなさんに理解してほしいこと
  • これからのIRに夢を託す)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「企業価値」はこうして創られる : IR(インベスター・リレーションズ)入門
著作者等 本多 淳
書名ヨミ キギョウ カチ ワ コウシテ ツクラレル : IR インベスター リレーションズ ニュウモン
書名別名 Kigyo kachi wa koshite tsukurareru
シリーズ名 朝日選書 767
出版元 朝日新聞社
刊行年月 2005.1
ページ数 209, 5p
大きさ 19cm
ISBN 4022598670
NCID BA70143469
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20732517
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想