クラシックモダン : 1930年代日本の芸術

五十殿利治, 河田明久 編

[目次]

  • 序文 夢から覚める夢
  • 1 批評と時代(「青年美術家」と憧れの「古代」-太宰治『人間失格』にみる
  • 滝口修造-シュルレアリストの時代認識と「伝統」 ほか)
  • 2 画家たちのテーマ(誰が梅原・安井を「古典」にしたか-大正教養派と「古典」の創出
  • 「日本壁画」の古典化をめぐって-法隆寺金堂壁画と近代日本画 ほか)
  • 3 版画・デザイン(1930年代創作版画の危機-伝統版画との対立のなかで
  • 伝統と現代へのまなざし-奥山儀八郎の複眼モダニズム ほか)
  • 4 美術と伝統(茶道全集と利休・芸術・生活
  • 逸脱と回帰の弁証法-中村不折を通して見た一九三〇年代の書壇 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 クラシックモダン : 1930年代日本の芸術
著作者等 五十殿 利治
河田 明久
書名ヨミ クラシック モダン : 1930ネンダイ ニホン ノ ゲイジュツ
書名別名 Kurashikku modan
出版元 せりか書房
刊行年月 2004.12
ページ数 245p
大きさ 21cm
ISBN 4796702601
NCID BA70141124
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20724663
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想