ルイス=クラーク探検 : アメリカ西部開拓の原初的物語

明石紀雄 著

1804年、合衆国第三代大統領ジェファソンの命により、探検隊は北アメリカ大陸北西部の調査に乗り出した。2年4カ月におよぶ探検の全貌を描き出し、その今日的意義を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ-北アメリカ大陸の内部を調査するために
  • 第1章 構想
  • 第2章 準備
  • 第3章 ミズーリ川を遡る
  • 第4章 最初の越冬
  • 第5章 未踏の地へ
  • 第6章 ショショーニ族を探して
  • 第7章 太平洋岸に到達
  • 第8章 二回目の越冬
  • 第9章 帰途につく
  • 第10章 帰還して

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ルイス=クラーク探検 : アメリカ西部開拓の原初的物語
著作者等 明石 紀雄
書名ヨミ ルイス = クラーク タンケン : アメリカ セイブ カイタク ノ ゲンショテキ モノガタリ
シリーズ名 Sekaishiso seminar
出版元 世界思想社
刊行年月 2004.12
ページ数 250p
大きさ 19cm
ISBN 4790710998
NCID BA70138378
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20734813
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想