契約法理の現代化

潮見佳男 著

[目次]

  • 第1部 契約法と損害賠償法の交錯-制度間競合の視点から見た損害論の現状と課題(問題の所在-評価矛盾論
  • 損害論における制度間競合問題の提示と現状の整理
  • 損害論における法律行為法と損害賠償法の連関)
  • 第2部 投資取引・消費者契約に見る民法法理の現代化(投資取引と民法理論
  • ドイツにおける情報提供義務論の展開
  • 消費者契約における不当条項の内容規制)
  • 第3部 国際化の流れの中での契約法理の現代化(ヨーロッパ統一契約法の試みと限界-ケッツ『ヨーロッパ契約法1』が教えるもの
  • ドイツ債務法の現代化と日本債権法学の課題
  • 比較法の視点から見た「消費者契約法」-比較法からの「摂取」と比較法への「発信」)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 契約法理の現代化
著作者等 潮見 佳男
書名ヨミ ケイヤク ホウリ ノ ゲンダイカ
出版元 有斐閣
刊行年月 2004.12
ページ数 485, 5p
大きさ 22cm
ISBN 4641133816
NCID BA70088848
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20724577
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想