ナチス・ドイツの外国人 : 強制労働の社会史

矢野久 著

ナチス第三帝国のもうひとつの素顔。戦争経済と人種イデオロギーのはざまで労働に従事した外国人労働者の社会史を解明する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 二〇世紀ドイツ史における外国人労働者
  • 第二次世界大戦期ドイツの外国人労働者の統計的概観
  • ドイツ人女性の労働動員
  • 強制労働への序奏-第二次世界大戦とポーランド人強制労働
  • ソ連人の労働動員-一九四一・四二年
  • ソ連人労働者政策の転換
  • 第二次世界大戦下ドイツ国民の外国人労働者像
  • 東部占領地域での労働力調達
  • ユダヤ人絶滅政策、ナチ強制収容所と外国人強制労働
  • 強制労働の規律化
  • 総括的考察
  • 比較と展望

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ナチス・ドイツの外国人 : 強制労働の社会史
著作者等 矢野 久
書名ヨミ ナチス ドイツ ノ ガイコクジン : キョウセイ ロウドウ ノ シャカイシ
シリーズ名 叢書歴史学への招待
出版元 現代書館
刊行年月 2004.12
ページ数 254p
大きさ 20cm
ISBN 4768468888
NCID BA7007391X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20716742
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想