賃金とは何か : 戦後日本の人事・賃金制度史 : 楠田丘オーラルヒストリー

楠田丘 著 ; 石田光男 監修・解題

楠田理論の生成発展を通じて賃金の理論と実務の基礎を学ぶ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 解題 賃金論の学び方
  • 第1章 労働省時代
  • 第2章 インドで学んだこと
  • 第3章 賃金体系の模索
  • 第4章 楠田賃金論の構想
  • 第5章 楠田賃金論の普及
  • 第6章 成果主義との格闘

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 賃金とは何か : 戦後日本の人事・賃金制度史 : 楠田丘オーラルヒストリー
著作者等 楠田 丘
石田 光男
書名ヨミ チンギン トワ ナニカ : センゴ ニホン ノ ジンジ チンギン セイドシ : クスダ キュウ オーラル ヒストリー
出版元 中央経済社
刊行年月 2004.12
ページ数 298p
大きさ 22cm
ISBN 4502376906
NCID BA70065864
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20712537
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想