極限環境の生命 : 生物のすみかのひろがり

D.A.ワートン 著 ; 掘越弘毅, 浜本哲郎 訳

なぜ、ペンギンが凍えないのか?なぜ、ラクダは砂漠でバテないのか?なぜ、カニが高圧の深海底で生きられるのか?なぜ、150℃の高温で細菌は生きられるのか?生の営みに限界はあるのか?本書は専門的な知識を持たない人たち、願わくは生物学や科学一般についての知識がほとんどない読者にも理解できるように書かれている。本文の中でも必要に応じて説明を試みたが、聞きなれない用語については巻末に索引も設けた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 極限生命
  • 第2章 それでもいとしの我が家
  • 第3章 水のない生命
  • 第4章 高温クラブ
  • 第5章 低温のエピソード
  • 第6章 まだまだある極限条件
  • 第7章 これも生命だというのか!
  • 第8章 極限生物学へのひとつの考察

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 極限環境の生命 : 生物のすみかのひろがり
著作者等 Wharton, David A
掘越 弘毅
浜本 哲郎
ワートン D.A.
書名ヨミ キョクゲン カンキョウ ノ セイメイ : セイブツ ノ スミカ ノ ヒロガリ
書名別名 Life at the limits
出版元 シュプリンガー・フェアラーク東京
刊行年月 2004.12
ページ数 353, 14p
大きさ 19cm
ISBN 443171104X
NCID BA70063643
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20727022
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想