義経の登場 : 王権論の視座から

保立道久 著

母常磐、父義朝、義父一条長成の生きた貴族社会の血縁・姻族関係を掘り起こし、兄頼朝と再会する以前の義経の人生環境を解き明かすことを目指す。九条院呈子、平泉姫宮、資隆入道の母をはじめとする武家貴族の世界における「女のネットワーク」を解きほぐし、内乱以前の平泉権力の動向と重ね合わせながら、青年貴族義経の政治的立場を問う。「頼朝中心史観」「鎌倉幕府中心史観」「武士発達中心史観」を打破する、まったく新しい義経論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 「平泉姫宮・伯耆王子」と「九条院」-再検討の起点
  • 第1章 母・常磐と父・義朝-平治の乱まで
  • 第2章 九条院権大夫平清盛と牛若丸-平治の乱の戦後処理
  • 第3章 青年期義経の人生環境-常盤・一条長成・源頼政の交点
  • 第4章 内乱の開始と平泉姫宮との邂逅-高倉範季の位置
  • 第5章 以仁王の蜂起と義経の登場-暴発した王統対立
  • 終章 東大寺大仏再建と平泉姫宮-義経の没落の先にあったもの

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 義経の登場 : 王権論の視座から
著作者等 保立 道久
書名ヨミ ヨシツネ ノ トウジョウ : オウケンロン ノ シザ カラ
書名別名 Yoshitsune no tojo
シリーズ名 NHKブックス 1020
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 2004.12
ページ数 310p
大きさ 19cm
ISBN 4140910208
NCID BA70060623
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20723495
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想