わが国の税制改革の経緯と租税論の展開

高橋利雄 著

本書は大学の機関誌に寄稿したものを一冊にまとめたものであり、昭和六一年三月から平成一五年三月にかけて執筆したものである。したがって、消費税導入前後から現在の財政状況に至るまで、税制改革の経緯を中心にほぼ章を追って論述したものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 税制改革と課税の公平
  • 税制改革と基本理念-日米の税制改革を中心として
  • 税制改革のビジョン-日米両国の税制改革を中心として
  • 税制改革と直接税-国際化時代の税制改革
  • 税制改革と間接税-新型間接税導入をめぐる諸問題
  • 税制改革と財政再建
  • 我が国の税制改革と付加価値税-EC型付加価値税と日本型消費税を中心として
  • 高齢社会と消費税のあり方
  • 活力を生む税制改革
  • 地方分権と地方税制の再構築
  • グローバル経済下の税制改革
  • 日本経済の再生と税制改革

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 わが国の税制改革の経緯と租税論の展開
著作者等 高橋 利雄
書名ヨミ ワガクニ ノ ゼイセイ カイカク ノ ケイイ ト ソゼイロン ノ テンカイ
書名別名 Wagakuni no zeisei kaikaku no keii to sozeiron no tenkai
出版元 税務経理協会
刊行年月 2004.12
ページ数 334p
大きさ 22cm
ISBN 4419044837
NCID BA70057323
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20726959
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想