聖王ルイの世紀

アラン・サン=ドニ 著 ; 福本直之 訳

十字軍遠征などの功績によって列聖された、慈悲深いカトリック王-ルイ九世は、十三世紀フランスの平和を追求した。本書は、敬虔な信仰に基づくその生涯をたどりながら、彼が断行した諸改革や当時の政治・経済・文化について紹介してゆく。中世の理想的君主の実像がわかる、西洋史の基礎知識。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 相続(一二二五年前後におけるフランス王国とその住民)(変化に富んだ国土
  • 発展の成果
  • 十三世紀初頭の権力と社会
  • 結論)
  • 第2章 聖王ルイの治世(名君への成熟
  • 国王の新政策)
  • 第3章 落日の威光(十三世紀中頃のフランスの威光
  • 王政への抵抗勢力
  • 繁栄の限界へ)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 聖王ルイの世紀
著作者等 Saint-Denis, Alain
福本 直之
Saint‐Denis Alain
サン=ドニ アラン
書名ヨミ セイオウ ルイ ノ セイキ
書名別名 Le siecle de saint Louis
シリーズ名 文庫クセジュ
出版元 白水社
刊行年月 2004.12
ページ数 183, 5p
大きさ 18cm
ISBN 4560508828
NCID BA70054154
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20721500
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想