緑のダム : 森林・河川・水循環・防災

蔵治光一郎, 保屋野初子 編

森林、河川、水循環、防災-これまでの研究で、何がどこまでわかっているのか。今まで情緒的に語られてきた「緑のダム」を、第一線の研究者、行政担当者、住民、ジャーナリストがあらゆる角度から科学的に検証する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「緑のダム」の科学(「緑のダム」研究はどこまで進んだか
  • 森林の荒廃は洪水や河川環境にどう影響しているか
  • 森が水をためる仕組み-「緑のダム」の科学的評価の試み
  • 世界の「緑のダム」研究事情 ほか)
  • 第2章 「緑のダム」への期待と議論(なぜ住民は「緑のダム」に共感するのか
  • 森林水文学から見た川辺川ダム問題
  • 脱ダムから「緑のダム」整備へ-森林と水プロジェクト活動から
  • 「緑のダム」で地域と水を再生する-高知県檮原町の事例と森林環境税
  • 「緑のダム」と政策、これまでとこれから)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 緑のダム : 森林・河川・水循環・防災
著作者等 保屋野 初子
蔵治 光一郎
書名ヨミ ミドリ ノ ダム : シンリン カセン ミズ ジュンカン ボウサイ
書名別名 Midori no damu
出版元 築地書館
刊行年月 2004.12
ページ数 260p
大きさ 20cm
ISBN 4806713007
NCID BA70020152
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20718727
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想