脳死とは何か : 基本的な理解を深めるために

竹内一夫 著

何をもって人間の死を判断するか。医学の進歩は「脳死」という、生と死についての新しい概念をもたらした。わが国では臓器移植のドナーに限り、「脳死」を法的に人間の死として認めている。それでは「脳死」とは一体どういう状態をいうのか?「植物状態」とどう違うのか?脳神経外科の第一線で活躍してきた著者が、長年の研究と経験をもとに、わかりやすく解説する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 人の死と脳の死
  • 第2章 脳死はどのようにして発生するのか
  • 第3章 脳死状態の脳はどうなるのか
  • 第4章 なぜ今、脳死が問題なのか
  • 第5章 脳死はどのくらい発生するか
  • 第6章 脳死をどう判定するか
  • 第7章 国による判定基準の違い
  • 第8章 蘇生術に限界はあるか
  • 第9章 脳死と個体死を考える
  • 第10章 脳死状態と植物状態とはどう違うか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 脳死とは何か : 基本的な理解を深めるために
著作者等 竹内 一夫
書名ヨミ ノウシ トワ ナニカ : キホンテキナ リカイ オ フカメル タメニ
書名別名 Noshi towa nanika
シリーズ名 ブルーバックス
出版元 講談社
刊行年月 2004.12
版表示 改訂新版.
ページ数 200, 6p
大きさ 18cm
ISBN 4062574632
NCID BA69994130
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20720337
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想