恐竜を追った人びと : ダーウィンへの道を開いた化石研究者たち

クリストファー・マガウワン 著 ; 高柳洋吉 訳

恐竜については誰でも知っているが、その発見の過程とダーウィンの進化論の誕生とが絡み合っていたことはほとんど知られていない。それを解き明かした本書には、神秘のベールに包まれていた太古の世界の動物について、しばしば断片化していた化石を集めて理解するために苦闘した、並はずれた化石研究者たちが登場する。オックスフォード大学の地質学の初代教授だったバックランド、その親友の聖職者であり古生物学者のコニベア、探索に明け暮れた女性の化石販売業者アニング、化石に憑かれた医者で古生物学者のマンテル、化石修復に異能を発揮した奇人の収集家ホーキンズ、フランスのキュヴィエに並ぶ名声を博した解剖学者であり、「恐竜」の名づけ親オーウェン、バックランドの弟子で弁護士だったライエル、そのライエルの『地質学原理』を抱えてビーグル号の航海に出たダーウィンなど、19世紀の英国に生きたこれら個性的な人たちが、互いに絡んで、次々と繰り広げた化石の発見からその売買にいたるまでの事件や行動が活写される。まさに科学とは無味乾燥で退屈であってはならないことを示した、ノンフィクション・ドラマと言えるだろう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 海辺の竜
  • 聖書と岩石
  • チョーク採石場と蛭
  • 暗黒の世界
  • 意外な新事実
  • イグアナの歯
  • もっともな原因
  • もっとたくさんの巨獣
  • 自然を改良する
  • コーニグ氏遺憾とする
  • 教授と博物学者
  • 地すべり、氷河そして暴動
  • 恐竜と種について
  • 衰退と死
  • 海のほとり

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 恐竜を追った人びと : ダーウィンへの道を開いた化石研究者たち
著作者等 McGowan, Christopher
高柳 洋吉
McGowan Christpher
マガウワン クリストファー
書名ヨミ キョウリュウ オ オッタ ヒトビト : ダーウィン エノ ミチ オ ヒライタ カセキ ケンキュウシャタチ
書名別名 The dragon seekers

Kyoryu o otta hitobito
出版元 古今書院
刊行年月 2004.12
ページ数 322p
大きさ 21cm
ISBN 4772280375
NCID BA69993808
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20715411
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想