聖書

ジョン・リッチズ 著 ; 池田裕 訳・解説

いったい聖書はどのような過程をたどって聖なる文書となったのか。また、さまざまな共同体や文化のなかで、いかなる受容や利用のされ方をしてきたのか。読みの多様性の歴史をたどり、今なお聖書がもつ人を動かす大きな力と創造性を浮き彫りにするユニークな聖書入門。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 現代世界の聖書-古典テキストか、それとも聖なるテキストか?
  • 2 聖書はどのようにして書かれたか
  • 3 聖書の成り立ち
  • 4 信仰者の世界における聖書
  • 5 聖書とその批判者たち
  • 6 聖書とポスト植民地主義世界
  • 7 上層文化および大衆文化における聖書
  • 8 政治における聖書
  • 9 むすび

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 聖書
著作者等 Riches, John Kenneth
池田 裕
Riches John
リッチズ ジョン
書名ヨミ セイショ
書名別名 The Bible:a very short introduction
シリーズ名 1冊でわかる
出版元 岩波書店
刊行年月 2004.12
ページ数 234, 6p
大きさ 19cm
ISBN 4000268775
NCID BA69980737
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20728667
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想