死を与える

ジャック・デリダ 著 ; 廣瀬浩司, 林好雄 訳

最愛の息子イサクを犠牲に捧げよと神に命じられたアブラハムはモリヤ山へと向かう。息子に死を与え、その死を神に与えようとした瞬間、その手は押しとどめられる。この二重の贈与の瞬間に何が起きたのか。この出来事が課す無限の分裂の中で、アブラハムはどんな責任を果たし、どんな倫理に従っているのか。そして、この出来事の記憶は、現代のキリスト教、ユダヤ教、イスラム教に何を伝えているのか。キルケゴール『おそれとおののき』、パトチュカ『異教的試論』などの詳細な読解を手がかりに、デリダがおそるべき密度で展開する宗教論。'90年代デリダの代表作。本邦初訳。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 死を与える(ヨーロッパ的責任のさまざまな秘密
  • 死を-奪い取るべきものとして与えることと、与えることを学び取ることの彼方で
  • 誰に与えるか(知らないでいることができること)
  • tout autreはtout autreである(およそ他者というものは/まったく他なるものは、あらゆる他者である/まったく他なるものである))
  • 秘密の文学-不可能な父子関係(秘密の試練-"一者"にも"他者"にも
  • "父"と"子"と"文学"
  • "一"以上に)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 死を与える
著作者等 Derrida, Jacques
広瀬 浩司
林 好雄
デリダ ジャック
書名ヨミ シ オ アタエル
書名別名 Donner la mort
シリーズ名 ちくま学芸文庫
出版元 筑摩書房
刊行年月 2004.12
ページ数 388p
大きさ 15cm
ISBN 4480088822
NCID BA69968629
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20725890
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想