流言・投書の太平洋戦争

川島高峰 著

戦時下、前線に赴く兵士を見送った家族が死守した銃後の本土日本。深刻な食糧不足や激化する空襲のなか、人々は何を考え、何を感じていたのか。厳しい言論統制を行い、国民の日常会話も監視した治安当局は、民衆の流言蜚語や不穏投書を克明に記録した。『特高月報』等のこれら治安史料と日記を駆使し、庶民の心情と実態に迫る異色の戦時下日本の歴史。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 加害と被害-記憶の十字交差を越えて
  • 第1章 「開戦」と日本人
  • 第2章 戦争の長期化
  • 第3章 山本五十六の戦死
  • 第4章 サイパン政変
  • 第5章 空襲と戦意
  • 第6章 焦土の中の民衆
  • 第7章 玉音放送直後の国民の意識

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 流言・投書の太平洋戦争
著作者等 川島 高峰
書名ヨミ リュウゲン トウショ ノ タイヘイヨウ センソウ
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 2004.12
ページ数 331p
大きさ 15cm
ISBN 4061596888
NCID BA69957906
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20712243
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想