書影手帖 : しばしとてこそ

松野陽一 著

古今東西の書物に自在に遊び、知られざる'50年代以後の古書籍研究情況を熱く語る、名随筆集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 和本を尋ねて(「伊地知牒」の手習い訪書(昭和三十四、五年)
  • 島原松平文庫-和歌史研同人初期の訪書(昭和三十年代後半) ほか)
  • 2 昔の庭(点鬼簿(面影に顕つ)
  • 昔は今(au temps jadis))
  • 3 折々の手帳(物差し頌-書誌の予祝具
  • 美福門院加賀と隆信-芹沢〓(けい)介『極楽から来た』の挿絵 ほか)
  • 4 玩物喪志記(装飾料紙本(詠歌大概(中院本))
  • 雛本(ミニチュア)(雛本古筆絵鑑) ほか)
  • 5 戸越だより(臨池所感-館長就任
  • エージェンシー問題と韓国所在図書調査と ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 書影手帖 : しばしとてこそ
著作者等 井上 眞弓
松野 陽一
書名ヨミ ショエイ テチョウ : シバシトテ コソ
出版元 笠間書院
刊行年月 2004.11
ページ数 301p
大きさ 20cm
ISBN 4305702851
NCID BA69954034
BA71198182
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20796073
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想