ナンバのコーチング論 : 次元の違う「速さ」を獲得する

織田淳太郎 著

野口みずき、高橋尚子、ガトリン、イチロー、和田毅、ヒクソン・グレイシー、宮本武蔵、忍者…。パフォーマンス向上のカギは「走り」の中にあり。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 スポーツパフォーマンスの根幹は「歩き」「走り」
  • 第2章 二軸の動作-「チャップリン歩き」のススメ
  • 第3章 走りの「常識」の虚妄
  • 第4章 ナンバの極意と忍術
  • 第5章 ナンバ論の真贋
  • 第6章 いかに二軸、ナンバ感覚を身につけるか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ナンバのコーチング論 : 次元の違う「速さ」を獲得する
著作者等 織田 淳太郎
書名ヨミ ナンバ ノ コーチングロン : ジゲン ノ チガウ ハヤサ オ カクトクスル
書名別名 Nanba no kochinguron
シリーズ名 光文社新書
出版元 光文社
刊行年月 2004.12
ページ数 244p
大きさ 18cm
ISBN 4334032826
NCID BA69942975
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20720662
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想