CSR入門 : 「企業の社会的責任」とは何か

岡本享二 著

CSRは、多分野にまたがり、とらえづらい考え方です。その本質を、環境問題やコンプライアンスなど、さまざまな面から丁寧に解き明かしていきます。日本より進んでいるヨーロッパをはじめ、アメリカ、アジアといった海外での取り組みを紹介します。企業へのアンケート調査や先進事例のケーススタディをもとに、日本の現状を明らかにします。社内へのCSRの浸透のさせ方を、トップのリーダーシップ、組織のつくり方など具体的に解説します。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 「CSR(企業の社会的責任)」とは何か
  • 2 なぜCSRが求められているのか
  • 3 世界中で進むCSRの導入
  • 4 動き出した日本の取り組み
  • 5 日本企業のCSR導入事例
  • 6 企業におけるCSR組織の策定と展開
  • 7 二一世紀に花開くCSR

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 CSR入門 : 「企業の社会的責任」とは何か
著作者等 岡本 享二
書名ヨミ CSR ニュウモン : キギョウ ノ シャカイテキ セキニン トワ ナニカ
シリーズ名 日経文庫
出版元 日本経済新聞社
刊行年月 2004.12
ページ数 203p
大きさ 18cm
ISBN 4532110408
NCID BA69940980
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20718392
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想