アメリカ演劇と「再生」

長田光展 著

オニール以降のアメリカ演劇のなかに一貫して流れているように思われる再生衝動を考察。オニールと同世代人であるマクスウェル・アンダーソン、ウィリアムズの影響下に劇作を始めたウィリアム・インジ、シェパードとは好一対のマーシャ・ノーマン、マメットのパロディを試みたコピットなどについての文章のほかに、オニール以前のアメリカ近代劇の成立を論ずる一文を付けている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 アメリカの近代劇-メロドラマからオニールまで
  • 2 ユージン・オニール
  • 3 マクスウェル・アンダーソン
  • 4 テネシー・ウィリアムズ
  • 5 ウィリアム・インジ
  • 6 アーサー・ミラー
  • 7 アメリカ三つの「家庭劇」
  • 8 エドワード・オールビー
  • 9 サム・シェパード
  • 10 マーシャ・ノーマン
  • 11 マメット症候群とフェミニズム

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アメリカ演劇と「再生」
著作者等 長田 光展
書名ヨミ アメリカ エンゲキ ト サイセイ
書名別名 Amerika engeki to saisei
シリーズ名 中央大学学術図書 59
出版元 中央大学出版部
刊行年月 2004.11
ページ数 412p
大きさ 22cm
ISBN 4805751576
NCID BA69836628
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20710118
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想