ニーチェ私論 : 道化、詩人と自称した哲学者

岡田紀子 著

ニーチェのいう「造形的・治癒的・模造的・再製的」な力を有する「自由な精神」をもって、ニーチェのテクスト群をゲリラ的に渡り歩き、稀有な思想家の豊かな比喩や逆説、脈絡の深い洞察を読み解く試み。言葉と詩をめぐっては連歌を援用し、自然支配や戦争の肯定には不耕起農法や戦争否認の主張を対置し、ハイデガーの解釈も問い直しつつ、子供と遊びの境地に至るニーチェ独自の思想世界を照射する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 道徳批判の展開
  • 第2章 「系譜学」という方法
  • 第3章 科学の批判、あるいは認識の問題
  • 第4章 意志、そして権力意志の哲学(一)『善悪の彼岸』と『ツァラトゥストラ』
  • 第5章 『ツァラトゥストラ』と言葉の問題
  • 第6章 意志、そして権力意志の哲学(=)『遺稿』を中心に
  • 第7章 結び

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ニーチェ私論 : 道化、詩人と自称した哲学者
著作者等 岡田 紀子
書名ヨミ ニーチェ シロン : ドウケ シジン ト ジショウシタ テツガクシャ
書名別名 Niche shiron
シリーズ名 《思想・多島海》シリーズ
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2004.11
ページ数 311, 9p
大きさ 20cm
ISBN 4588100041
NCID BA69833164
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20800783
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想