支配と文字

平川南 編

中国との外交上の必要からはじまった日本の文字。やがて鉄剣に銘文が刻まれ、権威の象徴となり、文書による政治が行われる。鉄剣・鏡や、戸籍、木簡の削屑に記された文字まで具体的に探り、支配との関わりを解明する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 支配と金石文(鏡・支配・文字
  • 有銘刀剣の下賜・顕彰
  • 国造と碑-那須国造碑と阿波国造碑
  • 建郡と碑-多胡碑)
  • 2 行政文書(宣命
  • 律令
  • 籍帳制 ほか)
  • 3 事務(帳簿
  • 勤務評定
  • 題籤軸
  • 削屑)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 支配と文字
著作者等 山中 章
平川 南
栄原 永遠男
沖森 卓也
書名ヨミ シハイ ト モンジ
書名別名 Shihai to monji
シリーズ名 文字と古代日本 / 平川南 ほか編 1
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2004.12
ページ数 360, 5p
大きさ 22cm
ISBN 4642078622
NCID BA6982544X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20708557
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想