ヴェネツィア : 東西ヨーロッパのかなめ、1081-1797

W.H.マクニール 著 ; 清水廣一郎 訳

中世末期から近代にかけて、諸宗教や帝国が角逐を繰り広げた東地中海世界。その歴史の相互作用を、都市国家ヴェネツィアの興隆・消滅を結節点として雄大なスケールで描き出した本書は、東西ヨーロッパ交渉史に「海路から接近した」豊かな達成である。ルネサンス史はもとより、ビザンティン史、バルカン史を学ぶうえでも欠かせない。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 レヴァントへのフランク人の進出-一〇八一‐一二八二
  • 第2章 強国ヴェネツィア-一二八二‐一四八一
  • 第3章 文化交流-一二八二‐一四八一
  • 第4章 周辺的国家ヴェネツィア-一四八一‐一六六九
  • 第5章 文化的メトロポリス、ヴェネツィア-一四八一‐一六六九
  • 第6章 ヴェネツィア、対外影響力を失う-一六六九‐一七九七

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヴェネツィア : 東西ヨーロッパのかなめ、1081-1797
著作者等 McNeill, William Hardy
清水 広一郎
清水 廣一郎
マクニール W.H.
書名ヨミ ヴェネツィア : トウザイ ヨーロッパ ノ カナメ 1081 - 1797
書名別名 Venice

Venetsuia
出版元 岩波書店
刊行年月 2004.11
ページ数 374, 5p
大きさ 20cm
ISBN 4000001884
NCID BA69821223
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20715355
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想