幸福と医学

岡本道雄, 井村裕夫 編

幸福とは何か、クオリティ・オブ・ライフ(QOL)とは何か-難問に改めて挑む。高齢化する社会において、人生の中の医療、医療の中の個人を見つめることの重みが増している。制度としてのみならず、人間の相互作用の場として臨床を捉え、生と死への問いを深めることが求められている。さまざまな視点と立場を整理して、幸福の生物学的な成り立ちから主観的な幸福度の評価まで、医学での展開を論じる。問い続けることが医学を豊かにしてゆく。シンボジウム「二一世紀医学フォーラム・京都」をもとに編集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 幸福とは何か(幸福と医学
  • 医療側のエンパシー
  • 幸福の遺伝子)
  • QOLを考える(医学・医療から見たQOL
  • 臨床研究における健康関連QOLの測定と応用
  • 患者の病気観-生活者としての患者の視点から
  • 病のメカニズムの理解とQOL-糖尿病患者の食事療法から
  • 私の稀病体験と私なりのQOLについて
  • 高齢者のQOLと死生学の必要性)
  • 二一世紀医学フォーラム・京都の記録

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 幸福と医学
著作者等 井村 裕夫
加茂 直樹
岡本 道雄
書名ヨミ コウフク ト イガク
書名別名 Kofuku to igaku
シリーズ名 シリーズ転換期の医学 3
出版元 岩波書店
刊行年月 2004.11
ページ数 158p
大きさ 20cm
ISBN 4000066102
NCID BA69781333
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20715352
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想