食品安全性の経済評価 : 表明選好法による接近

澤田学 編著

[目次]

  • 序章 本書の課題と構成
  • 第1章 消費者の牛乳選択行動における鮮度・安全性・グリーン購入志向のコンジョイント分析
  • 第2章 地場畜産物に対する消費者ニーズの表明選好分析-ランダムパラメータ・ランク・ロジットモデルの適用
  • 第3章 選択実験による生鮮野菜のトレーサビリティ機能の消費者評価
  • 第4章 BSEと食品安全性に関する消費者の知識と態度および牛肉選択行動の統合分析
  • 第5章 食品の信用属性表示の経済価値-遺伝子組換え枝豆の経済価値評価
  • 第6章 遺伝子組換え食品における健康リスクの経済評価
  • 第7章 牛肉のトレーサビリティに対する消費者評価
  • 第8章 競り実験を用いたサルモネラ・フリー鶏卵に対する支払意志額の推計

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 食品安全性の経済評価 : 表明選好法による接近
著作者等 澤田 学
沢田 学
書名ヨミ ショクヒン アンゼンセイ ノ ケイザイ ヒョウカ : ヒョウメイ センコウホウ ニ ヨル セッキン
出版元 農林統計協会
刊行年月 2004.11
ページ数 224p
大きさ 21cm
ISBN 4541032082
NCID BA69758896
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20814890
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想