阪神・淡路大震災 : 医師として何ができたか : 医療救護・復旧・復興10年の道のり

後藤武 著

それまでの人生で得られた知識と経験、さらには人的ネットワークなどをフルに生かし、全国の多くの方々からのご支援、ご協力を得ながら、兵庫県の一職員として、それよりも前に一人の医者として、貝原、井戸両知事のご指導、ご理解の下、阪神・淡路大震災の際の一連の医療救護・復旧・復興に継続して携わらせていただくこととなった。多くの方々との出会いもあり、いずれも得がたい新しい体験であったのだが、医師、また地方自治体職員であるなしを問わず、災害対応の参考になればと拙文をしたためた次第である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 兵庫県南部地震の発生
  • 初動活動と医療救護
  • 災害医療対策の実態
  • 避難所の医療救護
  • 保健衛生の確保
  • 慢性期の医療対応
  • 医療復旧への取り組み
  • 災害医療対策の確立
  • 災害医療センターと日赤新病院
  • WHO神戸センターと海外支援〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 阪神・淡路大震災 : 医師として何ができたか : 医療救護・復旧・復興10年の道のり
著作者等 後藤 武
書名ヨミ ハンシン アワジ ダイシンサイ : イシ ト シテ ナニ ガ デキタカ : イリョウ キュウゴ フッキュウ フッコウ 10ネン ノ ミチノリ
出版元 じほう
刊行年月 2004.10
ページ数 333p
大きさ 21cm
ISBN 4840733414
NCID BA6975483X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20698837
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想