パレスチナ : 紛争と最終的地位問題の歴史

阿部俊哉 著

まさに袋小路に陥った「パレスチナ問題」について、本書では、「紛争と交渉の歴史」と、パレスチナ問題の核心を構成する「最終的地位問題」を取り上げ、問題の争点は何か、和解の可能性は果たしてあるのかを考察する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • パレスチナ問題の視点
  • 第1部 パレスチナ問題の歴史(オスマン帝国時代から国連分割案まで-一九世紀〜一九四七年
  • 第一次中東戦争から第三次中東戦争まで-一九四八年〜一九六七年
  • 第三次中東戦争からオスロ合意まで-一九六七年〜一九九三年
  • オスロ交渉-一九九三年〜二〇〇〇年
  • アル・アクサ・インティファーダ-二〇〇〇年〜二〇〇四年)
  • 第2部 最終的地位問題の歴史(最終的地位交渉
  • 難民問題
  • エルサレム問題
  • 入植地問題)
  • パレスチナの将来と日本の貢献とは

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 パレスチナ : 紛争と最終的地位問題の歴史
著作者等 阿部 俊哉
書名ヨミ パレスチナ : フンソウ ト サイシュウテキ チイ モンダイ ノ レキシ
シリーズ名 Minerva21世紀ライブラリー 82
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2004.11
ページ数 312, 14p
大きさ 20cm
ISBN 4623041263
NCID BA69720022
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20712566
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想