戦の中の女たち

西村汎子 編

壇ノ浦で海に沈んだ女房、女性だけで戦った領主層の妻…。女性たちが戦争の被害を受け、加担してきた軌跡を社会状況やジェンダーの変化と重ねて辿る。紛争を平和的に解決した役割にもふれ、女性と戦との関わりを考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 戦争不在の時代から戦争の開始へ
  • 2 古代社会の戦争と女性
  • 3 中世の戦争・暴力と女性
  • 4 近世・幕末維新期の戦争と女性
  • 5 紛争解決と女性
  • 6 暴力への抵抗と否定

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 戦の中の女たち
著作者等 西村 汎子
書名ヨミ イクサ ノ ナカ ノ オンナタチ
シリーズ名 戦争・暴力と女性 1
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2004.12
ページ数 226p
大きさ 20cm
ISBN 4642062718
NCID BA69704092
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20706725
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想