侵襲に対する生体反応と臓器障害 : SIRS・CARSからSLIRS・LISISへ

小川道雄 著

[目次]

  • 侵襲とサイトカインによる情報伝達
  • 高サイトカイン血症としてのSIRS:歴史的経緯とその背後の病態
  • 侵襲後の病態の新しい概念:SLIRSとLISIS
  • 生体防御反応としてのSLIRSの病態
  • 生体防御反応としてのLISISの病態
  • 生体防御反応としてのSLIRSからLISISへの転回点
  • SLIRSおよびLISISにおける臓器不全の発症機序:Second attack theory
  • 臓器不全のさまざまな視点
  • SLIRSおよびLISISにおける臓器不全発症の予防
  • これからの侵襲学(遺伝子多型検索の重要性
  • 細胞内情報伝達系の制御
  • 臓器障害を避け生体防御に向かわせる機序の解明)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 侵襲に対する生体反応と臓器障害 : SIRS・CARSからSLIRS・LISISへ
著作者等 小川 道雄
書名ヨミ シンシュウ ニ タイスル セイタイ ハンノウ ト ゾウキ ショウガイ : SIRS CARS カラ SLIRS LISIS エ
書名別名 侵襲とサイトカイン
出版元 メジカルセンス : メジカルビュー社
刊行年月 2004.11
ページ数 199p
大きさ 27cm
ISBN 4758308861
NCID BA69698637
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20697468
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想