人間をみつめて

神谷美恵子 著

神谷美恵子の思想と行動の立脚点ともいえるハンセン病療養所、長島愛生園。本書では1950年代から70年代、療養所とハンセン病者を取り巻く厳しい現実に向き合い、格闘する日々がリアルな、切実な筆致で綴られている。思索と行動のひとであった、著者の姿を伝える貴重な記録である。新資料として愛生園入園者宛て書簡を収めた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 人間について(いのちとこころ
  • 人間の生きかた
  • 人間をとりまくもの)
  • 2 らいとともに(らいと私
  • 島の精神医療について
  • 光田健輔の横顔)
  • 3 島日記から(島日記から
  • 万霊山にて
  • 米国のらい病院をたずねて)
  • 長島愛生園入園者宛て書簡

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人間をみつめて
著作者等 神谷 美恵子
書名ヨミ ニンゲン オ ミツメテ
書名別名 Ningen o mitsumete
シリーズ名 神谷美恵子コレクション / 神谷美恵子 著
出版元 みすず書房
刊行年月 2004.11
ページ数 345, 16p
大きさ 20cm
ISBN 4622081822
NCID BA69670183
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20702381
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想