センス・オブ・プログラミング! : 抽象的に考えること・データ構造を理解すること

前橋和弥 著

それなりの規模のプログラムをきちんと動かすためには、文法の詳細などではない、別の技術、言うなれば「センス」が必要だといえる。そのセンスのひとつが「抽象的なレベルで考える」こと。プログラムを具体的にどう書くのかという「How」から、何をやりたいのかという「What」への発想の転換ができること、という言い方もできるでしょう。そしてもうひとつが「データ構造の重要性を認識する」こと。データ構造はプログラム全体に影響をあたえる重要なものだからである。本書では、これらの「センス」を身につけるための考え方を具体的な事例を通して解説している。また、プログラムが具体的にどのようにして動くのかといった「低レベル」の話や、ちょっとしたプログラミングの「コツ」の話も興味深い。現場できたえたプロならではの視点と絶妙な語り口が魅力の著者による初心者脱却のための実践的読み物。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第0章 はじめに-本書のねらいと構成
  • 第1章 プログラムの基礎
  • 第2章 プログラムが動作する仕組み
  • 第3章 きれいなプログラムを書くために
  • 第4章 データ構造-基礎編
  • 第5章 モジュール分割
  • 第6章 データ構造-応用編
  • 第7章 X‐Word-ワープロのプログラムを作る

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 センス・オブ・プログラミング! : 抽象的に考えること・データ構造を理解すること
著作者等 前橋 和弥
書名ヨミ センス オブ プログラミング : チュウショウテキ ニ カンガエル コト データ コウゾウ オ リカイスル コト
書名別名 Sensu obu puroguramingu
出版元 技術評論社
刊行年月 2004.12
ページ数 300p
大きさ 21cm
ISBN 4774121738
NCID BA69661863
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20701180
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想