物語イタリアの歴史  2

藤沢道郎 著

ローマ、テーヴェレ河畔に威容を誇るカステル・サンタンジェロ(聖天使城)は、紀元二世紀に皇帝ハドリアヌス自らの陵墓として築かれて以来、数々の歴史的事件に立ち会ってきた。本書はハドリアヌス帝、大教皇グレゴリウス、ロレンツオ・デ・メディチ、画家カラヴァッジョら八人をとおして、古代ローマ帝国の最盛期からバロック文化が咲き誇った十七世紀までの千五百年を描く、もうひとつの「歴史=物語」である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1話 皇帝ハドリアヌスの物語
  • 第2話 大教皇グレゴリウスの物語
  • 第3話 マローツィア夫人とその息子たちの物語
  • 第4話 異端者アルナルドの物語
  • 第5話 教皇ボニファティウス八世の物語
  • 第6話 ロレンツィオ・デ・メディチの物語
  • 第7話 航海者コロンボの物語
  • 第8話 画家カラヴァッジョの物語

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 物語イタリアの歴史
著作者等 藤沢 道郎
書名ヨミ モノガタリ イタリア ノ レキシ
書名別名 皇帝ハドリアヌスから画家カラヴァッジョまで

Monogatari itaria no rekishi
シリーズ名 中公新書
巻冊次 2
出版元 中央公論新社
刊行年月 2004.11
ページ数 222p
大きさ 18cm
ISBN 4121017714
NCID BA69652250
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20716170
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想