看護のための生命倫理

小林亜津子 著

安楽死、減胎手術、中絶、ガン告知、ヒト・クローンなど、豊富な事例と問題提起とで現代人の生き方を問う新しいタイプの応用倫理学。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 安楽死-「死の看取り」と「安楽死」のはざま
  • 減数(減胎)手術は許されるか
  • 医学実験・治療実験
  • ヒト・クローンを作ってもよいか-クローン技術の倫理問題
  • AIDと精子バンク-デザイナー・ベビーと子どもの「アイデンティティを知る権利」
  • 代理母は許されるか
  • 障害新生児の治療停止-「死なせてもよい生命」とは
  • 出生前診断と選択的人工妊娠中絶-「普通の子」を生むための技術
  • 医療資源の配分-「究極の選択」
  • 「宗教上の理由」による治療拒否-「エホバの証人」が来たらどうする
  • 患者さんに「がん」と伝えてよいか-インフォームド・コンセプトの考え方と限度
  • 遺伝・相続の倫理問題-ヒトゲノム・プロジェクト

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 看護のための生命倫理
著作者等 小林 亜津子
書名ヨミ カンゴ ノ タメノ セイメイ リンリ
出版元 ナカニシヤ
刊行年月 2004.11
ページ数 260p
大きさ 20cm
ISBN 4888489092
NCID BA6965038X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20697558
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想