満済 : 天下の義者、公方ことに御周章

森茂暁 著

満済(一三七八〜一四三五)、室町前期の真言宗の僧。十五世紀前半の激動と変革の中で「クジ引き将軍」足利義教の登場を演出した「黒衣の宰相」三宝院満済。醍醐寺座主・三宝院門跡、室町殿護持僧、幕府の最高政治顧問としての顔を統一的に捉え、もって政治と宗教の相依関係を解明する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 将軍門跡
  • 第2章 足利義満と満済
  • 第3章 足利義持と満済
  • 第4章 足利義教と満済
  • 第5章 京都と関東、後南朝、そして九州
  • 第6章 申置条々
  • 第7章 天下の義者

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 満済 : 天下の義者、公方ことに御周章
著作者等 森 茂暁
書名ヨミ マンサイ : テンカ ノ ギシャ クボウ コトニ ゴシュウショウ
シリーズ名 ミネルヴァ日本評伝選
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2004.12
ページ数 269, 9p
大きさ 20cm
ISBN 4623042480
NCID BA69640091
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20714912
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想